DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリメントの成分や効果、飲むタイミングや副作用についてまとめました。筋肉を大きくしたい方や、ダイエットしたい方、今よりも効果的なトレーニングをするためのサポートとしてクレアチンを摂取するならDCCサプリがオススメ!女性にも人気です。

クレアチンの基礎知識

クレアチンの副作用で頭痛になる人がいるというのは本当ですか?

投稿日:

今や筋力増強のためにアスリートをはじめ広く用いられているクレアチン。
もちろんクレアチン自体は国の厳しい基準・審査を通って販売されているわけですから一概に人体に危険があるわけではありませんが、やはり人によっては副作用が生じてしまうことがあります。

クレアチンの副作用としては頭痛が有名ですので、ご紹介します。

なぜ、クレアチンの副作用で頭痛が起きるのか

クレアチンで有名な副作用である頭痛ですが、これはクレアチンの性質が大きな原因です。

筋肉増加や筋力増強の助けになるクレアチンですが、実は筋肉の内部に水分を溜めこもうとする性質があるのです。

通常の生活を送る上では、それでも頭痛などになることはほとんどありませんが、粉末などによりクレアチンを外部から摂取した場合、増加したクレアチンが一斉に筋肉の内部に水分を溜めこもうとします。すると、水分を溜めこむために脳内の血流の水分や、細胞内の水分なども脳から筋肉(筋組織)へ移動をし始めるのです。

急激に脳内の水分が移動して、水分量が変化することになるので、脳内の圧力が変化し、神経を刺激します。その刺激によって頭痛が発生するのです。

クレアチンとの上手な付き合い方

では、頭痛の副作用が起きるからクレアチンを摂取することはできないのかというと、そうではありません。

先ほど説明した通り、頭痛の原因はクレアチンの外部摂取による脳内の水分量の変化です。つまり、体内に十分な水分が保たれていれば、わざわざ脳内の血流や細胞から水分を筋肉に移動させなくても筋肉の内部に水分を溜めこむことができいるわけです。

なので、クレアチンを採る際にはまめに水分補給をして、体内の水分量を意識するようにしましょう。あるいは、クレアチンの摂取量を調節して、筋肉の内部にため込む水分量を調整するということも有効ですね。

以上、クレアチンで頭痛の副作用が起きる理由と、頭痛を避けるための方法をご紹介しました。

もっとも、それでもクレアチン摂取で頭痛がなくならない場合には専門家である医者などにクレアチン摂取をしても良いかどうかを相談するのが良いでしょう。ご自身の大事な体のことですから、決して副作用を軽視することだけはなさらないようにしてくださいね。

-クレアチンの基礎知識

執筆者:

関連記事

no image

クレアチンの摂取が多いと腎臓に障害を起こす事ってありえるのでしょうか?

トレーニングや筋肉をつける上で効果的なクレアチンは、筋肉を増やしたり強化したりす …

no image

クレアチンとカフェインって相性が悪いのですか?

筋肉の増大、筋力の増強のためにクレアチンを購入して摂取している人は多くいらっしゃ …